スマホアプリ開発に必要なこととは?

  • スマホを持っている人なら誰もが使うスマホアプリ

    スマホを持っている人口は世界人口の約半分に達しています。スマホを持っている人なら誰もが使っているほどスマホアプリは身近なものですが、開発するとなると話は別です。スマホアプリを開発する場合、まずはアプリを使うスマホのOSを選ぶ必要があります。代表的なスマホのOSにはiOS(iPhone)とAndroidがあり、日本ではiOSが人気ですが、世界的にはAndroidユーザーの方が多いのが現状です。

    スマホアプリ開発に必要なものは以下の通りです。
     ・パソコン
     ・動作確認用のスマホかタブレット
     ・プログラミング言語とスキル
     ・開発ツール

    iOS向けのスマホアプリの場合、使用できるパソコンがMacに限られるのに対し、AndroidはMacでもWindowsでも作れる点が大きな違いです。また、パソコン内のスマホのエミュレータでも動作確認は可能ですが、スマホもしくはタブレットは用意しましょう。

    さらに、スマホのOSによって必要なツールやプログラミング言語は異なります。iOSにおける最もメジャーなプログラミング言語はSwift、AndroidならJavaですが、最近ではKotlinという言語も台頭。ただし、SwiftもJavaも初心者には若干難しいので、挫折しないためには、ベーシックなHTML/CSSなどのプログラミング言語を学んでから開発するほうが良いでしょう。

    ツールはIDEとも呼ばれ、システム開発に便利なソフトウェアのことを意味します。iOSならApple社が提供するXcode、AndroidならGoogle社が提供するAndroid Studioが必須です。完成したスマホアプリはネイティブアプリの分類に入り、AppStoreやGoogle Playで公開できます。ただし、ストア登録手数料がかかり、Androidだと1回限り米25ドル、iOSは毎年11,800円となっており、決して安くはありません。

    スマホアプリ開発をスムーズに進めるために

    次に、スマホアプリの開発フローを見てみましょう。
     1. 企画
     2. 環境構築と素材集め
     3. 開発(プログラミング)
     4. テスト
     5. リリース(保守・運用)

    スムーズに進めるためには、最初の段階でしっかりと完成像を描くことが非常に重要です。アプリの目的・ユーザー像・完成イメージなどを企画段階で固めます。

    外部委託する場合は綿密な話し合いを重ね、情報やイメージを共有。開発が始まってからも、外注先とマメにコミュニケーションをとることで、致命的なミスや行き違いを避けられます。その上で環境を構築。具体的には、開発ツールをインストールし、テスト端末を接続します。

    また、アプリに使う音声や画像素材などは事前に集めておくことが肝心です。3の段階で、あとはプログラミングを行うだけという状態になっているのが理想的です。プログラミングが完了したら、テストを経てリリース準備をします。リリース後も必要に応じて改善・修正を加え、保守・運用面も行っていきましょう。