• Windows Mobile Professional版「ibisBrowserDX」リリース

    株式会社アイビス(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長 神谷栄治)は、フルブラウザアプリ「ibisBrowserDX」のWindows Mobile 6 Professional版 Windows Mobile 5 PocketPC版の提供を2007年11月20日より開始しました。
    今回の対応によりWILLCOMの「Advanced/W-ZERO3[es]」とEMOBILEの「EM・ONE」での御利用が可能になります。

    詳細

    10月30日に提供を開始しました「ibisBrowserDX」の「Windows Mobile Standard版」(SoftBank X02HT用)に引き続き「Windows Mobile 6 Professional版」「Windows Mobile 5 PocketPC版」の提供を11月20日より開始しました。
    今回の対応によりWILLCOMの「Advanced/W-ZERO3[es]」「W-ZERO3[es]」「W-ZERO3」、EMOBILEの「EM・ONE」「EM・ONEα」、SoftBankの「X01HT」、DoCoMo「hTcZ」での御利用が可能になります。
    Windows Mobile 6 Professional版ではタッチパネルに対応しているのでWILLCOM 「Advanced/W-ZERO3[es]」・EMOBILE「EM・ONE」のタッチパネル操作も快適に活用して頂くことができます。
    また、オプションとしてサーバー側で画像を更に圧縮することで通信時間を短縮する機能を追加しました。

    Windows Mobile Standard版ibisBrowserDXと同じくWindows Mobile 6 Professional版もC++で作られたネイティブアプリのためJava版ibisBrowserDXと比較して非常に高速に動作します。
    月額315円(税込)年額3,000円(税込)決済手段クレジットカードでご利用頂けます。
    今後随時、対応機種を増やしていく予定です。

    特徴

    • タッチパッド対応! 「Windows Mobile 6 Professional版」ではタッチパッドに対応しており、ページの要素やメニューをタッチパッドで操作して頂けます。
    • 高速通信! ibisBrowserDXはサーバ側でHTML解析、レイアウト、圧縮、等を行うことによって
      、端末付属の「Internet Explorer Mobile」に比べ最大4~10倍高速な処理が可能となりました。
    • 高速スクロール・高速ズーム 高速スクロール・高速ズームエンジンによりストレスなくスクロールおよびズームができます。
    • 高速ケータイビュー切り替え 通常のケータイのフルブラウザではPCサイトの一部を切り出してスクロールしながら閲覧しますが、文章を読む場合などは横スクロールのないケータイビューで閲覧します。ibisBrowserDXは高速にPCビュー/ケータイビューが切り替えることができるため、スピーディーに閲覧できます。
    • レイアウトをキレイに再現! 「Internet Explorer Mobile」と比べるとCSSの再現性が高く多くのサイトをより正確なレイアウトで表示します。

    ほとんどの機能はJava版と同様に機能します。
    Java版の詳しい機能についてはこちらの製品サイト(PC用)をご覧下さい。

    速度比較

    「Windows Mobile 6 Professional版 ibisBrowserDX」と「Internet Explorer Mobile」 「Opera Mobile」の通信速度比較です。

    通信速度比較 Advanced/W-ZERO3[es] <Wi-Fi>

    各ページを全て表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    通信速度比較 Advanced/W-ZERO3[es] <128Kbps>

    各ページを全て表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    通信速度比較 EM・ONE <Wi-Fi>

    各ページを全て表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    通信速度比較 EM・ONE <HSDPA 3.6Mbps>

    各ページを全て表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    スクロール速度比較 Advanced/W-ZERO3[es] 

    各ページの上から下までを表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    スクロール速度比較 EM・ONE 

    各ページの上から下までを表示するまでにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    画面モード切り替え速度比較 Advanced/W-ZERO3[es] <ケータイビューからPCビュー>

    ケータイビューからPCビューへ切り替えるのにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    画面モード切り替え速度比較 EM・ONE <ケータイビューからPCビュー>

    ケータイビューからPCビューへ切り替えるのにかかった平均速度比較グラフです。(単位:秒)

    ダウンロード

    Windows Mobile版 ibisBrowserDXのインストール方法は3通りございます。

    1.端末の「Internet Explorer Mobile」でダウンロード

    http://ibis.ne.jp/browser/?z=33を開き直接インストール

    端末のInternet Explorer Mobileでダウンロードページを開く

    CABファイルをダウンロード

    ファイルエクスプローラからCABファイルをクリック

    インストール

    2.PCのブラウザでダウンロード

    http://ibis.ne.jp/browser/downloadDXWM.jsp?z=33を開きActiveSyncを経由してインストール

    PCのブラウザでダウンロードページを開く

    CABファイルをダウンロード

    CABファイルをActiveSyncを経由して本体メモリにコピー


    端末のファイルエクスプローラでCABファイルをクリック

    インストール

    3.PCのブラウザでダウンロード

    http://ibis.ne.jp/browser/downloadDXWM.jsp?z=33を開きmicroSDを経由してインストール

    PCのブラウザでダウンロードページを開く

    CABファイルをダウンロード

    microSDカードをカードリーダ/ライタでPCに接続

    microSDにCABファイルをコピー

    microSDを端末に装着

    端末のファイルエクスプローラでmicroSD内のCABファイルをクリック

    インストール

    3.PCのブラウザでダウンロードページ


    http://ibis.ne.jp/browser/downloadDXWM.jsp?z=33
    を開きmicroSDを経由してインストール

    PCのブラウザでダウンロードページを開く

    CABファイルをダウンロード

    microSDカードをカードリーダ/ライタでPCに接続

    microSDにCABファイルをコピー

    microSDを端末に装着

    端末のファイルエクスプローラでmicroSD内のCABファイルをクリック

    インストール

    Java版ibisBrowserDXとの違い

    Windows Mobile版のみにある機能

    • ファイルダウンロード

    端末の性質上実装していない機能

    • 待ち受けアプリ
    • GPS
    • QRコード取得

    将来的に実装する予定だが現在実装していないもの

    • スクリーンショット
    • 回転表示
    • ファイル送信時カメラを起動

    対応機種

    • WILLCOM:「Advanced/W-ZERO3[es]」「W-ZERO3[es]」「W-ZERO3」
    • EMOBILE:「EM・ONE」「EM・ONEα」
    • SoftBank:「X01HT」
    • DoCoMo:「hTcZ」

    価格

    インストールしていただくだけで、お試し利用として1日5ページまで無料でご利用いただくことができます。

    有料登録
     ・月額315円(税込)
     ・年額3,000円(税込)
    有料登録していただく事により制限なくご利用いただけます。
    ご利用料金はクレジットカードでお支払いいただけます。

    対応機種については、今後随時増やしていく予定です。

    今後の予定

    対応機種の追加

    • FLASH対応
    • Javascript対応
    • 法人向けWindowsMobile版ibisBrowserDXRの提供

    ibisBrowserとは

    ibisBrowserは携帯電話用フルブラウザです。

    DoCoMo FOMA用としてibisBrowserLT/ibisBrowserDX、au用にはオープンアプリ版のibisBrowserDX、WILLCOM用にはJavaアプリ搭載機種版のibisBrowserDXを提供しております。公開以来、高速・高機能フルブラウザアプリとして高い人気を集めてまいりました。

    ■DoCoMo FOMA用ibisBrowserLT/ibisBrowserDXについて

    • 2005年 6月21日 無料フルブラウザibisBrowserのβ版リリース
    • 2005年 8月 9日 有料化予定のibisBrowserDXのβ版をリリース
    • 2005年11月21日 ibisBrowserDX正式版リリース

    ibisBrowserLTは実行できるアプリサイズの小さいFOMA70x系用として開発されました。これに対し、ibisBrowserDXはFOMA90x系用として開発され、ibisBrowserLTに比べより高機能となっております。
    開発状況は、「ブラウザ開発日記BLOG!!(http://blog.livedoor.jp/ibisbrowser/)」用意しており、ユーザ様より、広く要望、不具合を受付け、リアルタイムに改良を行っております。
    ibisBrowserDX/LT有料版は、月額315円または年額3,000円の利用料で利用でき、決済には クレジットカード、 WebMoney、 Mobile Edy(おサイフケータイ対応端末のみ)、 ちょコム、Yahoo!コンテンツストア に対応しています。

    ■au用オープンアプリ版ibisBrowserDXについて

    2007年 3月26日にリリースauの携帯端末にJavaアプリの実行が可能になるオープンアプリプレイヤーが搭載されたことにより、それまでFOMA用として提供されてきたibisBrowserのauでの提供が可能となりました。auオープンアプリ版ibisBrowserDXは、月額315円または年額3,000円の利用料で利用でき、決済方法としてクレジットカードに対応しております。

    ■WILLCOM版ibisBrowserDX(Java版)について

    2007年 6月20日にリリース
    WILLCOM版の提供により、キーボード操作ができる端末での入力が可能となりましたので、携帯操作の苦手な方もPCと同様にご利用いただけます。WILLCOM版ibsBrowserDXは、公式アプリとして月額315円の利用料で利用でき、決済方法としてWILLCOM携帯電話の利用料金の一環としてお支払いいただけます。

    ibisBrowserLT / ibisBrowserDX 製品ページ

    http://ibis.ne.jp/browser/

    お問合せ先

    会社名:株式会社アイビス
    代表:代表取締役社長 神谷 栄治
    本社:〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-18-11新明ビル4F (名古屋駅徒歩5分)
    電話:052-587-5072
    FAX:052-587-5008
    Mail:Eメールアドレス
    担当:澤村 啓夫

    経営理念:スピードと技術力のアイビス、顧客第一主義、大きくなってもベンチャー魂

    株式会社アイビスは、ケータイ電話を利用したモバイルアプリケーションの開発を通じ、エキサイティングな近未来モバイルソリューションを提供してゆきます。

    ※弊社ウェブサイト内のメールアドレスの表記は、スパムメール対策のためすべて画像になっています。お問合せの際はお手数ですが手入力してくださるようお願い致します。